扶養控除申告をする事で税金や社会保健に於いて多種多様な優遇を受けれるので申告はしておいた方が良いとおもう。
ここでは申告をする上でのポイントを何種類かご案内してみたいとおもう。

まず最初は扶養家族に増減が無いかと云う事である。
結婚して配偶者が出きた。
子供が誕生した。
扶養している人が亡くなった。

青色申告をするケースの場合、個人事業として行っている仕事に家族が一緒に活動したケースの場合は、その活動した分のお給料を経費として全額申告する事が可能と為っている。
であるから扶養家族の方でも充分に活動する事が出きるのである。
経費として全額認められるのであれば無謀な金額が申告される可能性も否定出きないが、他の業者に頼んだケースの場合と同等位の金額と云う基準が有る為、あまり無謀な金額は申告しないでほしい。
でも給料を全額経費として申告する事は全ての面に於いて長所だけじゃないのである。

次は配偶者控除を受けるケースの場合は民法上における配偶者であるかと云うのもポイントとなる。
扶養家族としている人のお給料が103万円以内であるかどうか。
扶養家族の中に70歳以上の方がいるかどうか。
扶養家族としているのに生計が別でされていないかどうかと云う事にポイントを置いて申告をしていこう。

更に120万円の年収ならまだ良いのであるが、もっと稼いで130万円以上稼いでしまったとする。
そうなると奥様は奥様自身で所得税を支払わなくてはならず、確定申告をしなくてはならないのである。
この103万円、130万円と云う数字は扶養家族の人は微妙なラインに成るのでよく頭に入れておくと良いとおもう。
110万円レベルしか稼がないのであれば103万円以下にアレンジする等、扶養家族控除の方がお得に成るケースの場合が有る為、点検してみると良いだろう。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス